大航海時代Online【ブリタニア島役場】 偉人列伝 北海

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

リューベック

デューラー

1471年~1528年。
アルブレヒト・デューラー。ドイツ人の画家。絵画だけでなく版画も残している。
マルティン・ルターの宗教改革にも賛意を示していたという。

財宝の報告を好み、財宝鑑定を教えてくれる。画家なんだから美術じゃないか? とも思うのだが。

ハンブルグ

マルティン・ルター

1483年~1546年。
法律家を目指して勉強していたが、雷が怖くて修道士になってしまったというステキな過去を持つ男。神学、哲学を学び、やがて宗教改革の中心人物となる。本人は意図的に改革をやってやろうとしたわけではなく、成り行きで担ぎ上げられちゃった感じらしい。

歴史遺物を好み、宗教学と酒宴スキルを教えてくれる。宗教学はともかく、なぜ酒宴なのか。酒好きだったのか、ルター。修道士は飲酒ダメなんじゃないのか。