大航海時代Online【ブリタニア島役場】 トップページ > 2006年03月16日 > 下積み
※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

#blognavi
 実は中の人は、海に出てから1年以上経つにも関わらずPKなるものに遭遇した経験がなく、それがためにPKというものがよく分かっていない。
 ただ何となく、ガレーに乗って白兵仕掛けて収奪するというイメージがあったために、最初の転職では地方海賊となった。

 いくら非武装の相手でも、海事レベル一桁、スキルすかすかのバルシャでは返り討ちに合うだけである。
 さらに、イングランド人が初期状態で行ける危険海域はバルト海のみ。バルト海は、あくまで私の印象だが過疎化が進んでいるような気がする。つまり、獲物がいない。それ以前に、人を襲う前に自分が沈みかねない。強力なNPCがうろうろしているのである。

「バルト海にバルシャ海賊現る」

 というのも楽しそうなのだが、バルシャでは勝利が覚束ない以上、海賊と認識してもらえるかどうかも危うい。
 下手すりゃ捨てキャラで暴れている困ったちゃんと思われかねない。

 当面は人を襲える程度の実力を身につけると共に、人の多い危険海域、ラスパルマス周辺や東地中海に入港できるようになることを目標に据えることにした。下積み時代の始まりである。
 ロンドンとアムステルダムを往復して近場で済ませられる海事クエストをこなしつつ、道すがらNPCバルシャを沈めて経験値を稼ぐ。
 入港許可証を手っ取り早くもらうため、イベントもちょこちょこ進める。が、こっちはほどなく飽きて、ミドルトン邸にお呼ばれしたのに、行くのが面倒で行っていませんすみません。先が分かっちゃってると、どうしてもやる気がなくなるさね。

 ところで、バルシャ同士の白兵戦というのは非常に時間がかかる。
 こちらは船員をフルに積んで7人。敵船は5人とか3人とかなのだが、7対5の白兵戦は攻撃力も防御力もほぼ伯仲。辛うじてこちらが上回っているので、2ターンかけてようやく相手の船員を1人血祭りに上げられるという体たらくである。
 白兵攻撃力の計算式

 (船員数/2)+(特殊兵装白兵戦支援*5)+(戦闘レベル/2)+(剣術R*3)+(人物装備品攻撃力/4)+{(練度-2)/10}-{(疲労度+5-α)/10}

 を見る限りでは、手っ取り早く攻撃力を上げるに船尾楼あたりを取り付けるのがベストのようだ。
 金がない。

 ●自分用メモ
 ロンドン近海のNPC情報
 ならず者(小型バルシャ)は接舷を発動してこっちに突っ込んでくるため、ほっといても白兵戦になる。らくちん。
 用心棒(ハンザ・コグ)も同様に突っ込んでくるタイプだが、どうもラムをつけているらしく、正面衝突するとものすごく痛い。


カテゴリ: [見習海賊航海記] - &trackback- 2006年03月16日 10:18:02
名前: コメント:
#blognavi