20081130 ターン13初頭における問題


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

【ターン13初頭における問題】

芥藩
侵攻があったようだが、ヴィクトリーがいるのなら、ヴィクトリーは動くだろう。

無名藩国
これは、駅の強制イベントが、その設定のみを要因としてる場合の分析である。
治安ロボットの設定と運用の設定に、法が欠けている。
警察力とは、法+暴力装置である。
さらにこの2つは対立するのではなく、必ず調和した状態で運用されなければならない。

分かり易く言うと、設定での規定で、「あらゆる」アクシデントに対する警戒能力が高く、藩国の総力を結集して対応力が高めたという入力なので、無名藩国の治安ロボットはただの暴力装置となっている可能性がある。

例えば銃刀法では、刃渡りや用途などで規制を掛けているが、この規定が無ければ、家庭用の包丁でも検束できる。
この道具は使い方によってアクシデントの要素となり得る。
つまり、警戒対象となる。
さらに検束方法も設定されていないなら、殺傷には制限が掛けられないので、藩国の総力を結集した対応力を行使しているはずだ。
ちなみに、包丁は大抵の家庭に存在する。
ついでに、軍は軍備が整えられている。

そういえば、工場とも繋がっていたから、工場での生産物によっては施設への被害が出るだろう。

駅に何台配備したか不明だが、争乱が発生している。
越前藩に頼むようだが、法規定を入力している必要がある。


外的要因を含めた可能性。
工場を占拠した何らかの勢力によるその工場で製造したAI兵器を使った争乱。


ナニワ藩国
遺跡が話題だが、鎖国の対応が遅れると、経済が完全崩壊する可能性がある。
入国審査に税関も含んでいれば、貿易が出来ないからだ。
ナニワ藩国の産業構造がどうなっているかは不明だが、自給可能な状態ではないだろうから、その場合、アイドレス内の時間で一ヶ月もすれば甚大な被害が出る。
これは明確に設定に書かれていないので、可能性ではあるが、もし、含まれていたら影響が大きい。


FVB
ワールドシミュレータ始動前に対応し、被害発生を防いだ。
解決の難易はともかくとして、被害を出さない事が重要なので、良い対応である。


鍋藩国
遺跡は封印したらしいが、アラダによる破壊工作が行われているらしい。
設定読むとこれといって繋がりを感じないから、外的要因であろう。
入国審査の自動化による簡素化を利用されたかもしれない。