20081201 ターン13初頭で残った問題


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

20081201 ターン13初頭で残った問題

遺跡はどうやら解決出来たようだ。
義賊のトップエースが解決した、らしい。
1にゃんにゃんで実行するとは、まるでキュベルネス、のようでもある。
ついでに鍋藩も解決した、らしい。

で、問題が残る藩国について。

無名藩国
質疑を確認し、原因が駅の設定である事が確定した。
これはTLO化によるものではなく、ヒューマンエラーである。

TLO化は「藩国の総力」を上げて開発した為。
要するに治安ロボットの性能は、無名藩国の技術的な総力と同等。
TLO化を抑えた設計の兵器では性能不足なので、数にもよるが一国での解決は困難。

暴走は「あらゆる」アクシデントへの警戒能力を持たせたためだ。
つまり、アクシデントは誰でも起こし得るので、無差別に対象となっている。

地域は駅周辺と沿線に沿って被害が出る。
範囲は区切っていないから、環状線と繋がる藩国へ被害が拡大している可能性があり、配置しただけなので駅外への行動も制限がなければ、国境を接する国にも被害が出る場合もある。
周辺国は調査して政策等での対応を始めた方が良い。既に交戦状態となっている可能性がある。

難民化する人数は最大で設定国民とほぼ同数まで範囲に入る。
人的被害はほっとくといくらでも増える。
特需どころか復興は次のターン以降で、被害によっては長期化する。


ナニワ藩
解決を確認。設定も外的要因が発生しない限り安定するだろう。被害を出す前に間に合ったようだ。復興も十分可能だ。


あとは外征イベントに勝てば、国内で問題が無ければ大抵の藩国での復興は確実で、資源入手、生産需要を得られた国では特需までいける。