※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

2005.08.23
プロポーズ。 「愛のカタチ、話しませんか?(36480)」 [ カテゴリ未分類 ]
朝、出勤しようと部屋を出る前、外国人の彼女からのメールが入った。
「おはよう!今日もお仕事頑張ってね。」と。

彼女は、俺の生活パターンを知っている。

俺が、何時に起きて何時に部屋を出るのか。

メッセンジャーを起動したら、彼女とコミニュケーションが取れる事は、解ってる。
でも、あんまりコミニュケーション取っちゃうと、俺もまた情が出てくるだろうし、また女を待つ苦しみを繰り返すのだけは避けたいんです。

彼女は、今もまだ俺を愛してる。

俺が、強気や自信過剰で言ってるんじゃ無い。

彼女が、俺に伝えてくれたから。

『今、別れていても、また私からProposeします。
私がゆたかに、何でも出来るようになったら戻ります。
ゆたかに彼女がいて、振られても頑張る。
今まで、ゆたかの為に何も出来なかった。ごめんなさい。』

それと、

『最後は、ゆたかと幸せになりたいから頑張るね。』

と、メールをくれてました。

俺は、彼女を待つ事になんかに集中せず、
その時お互いのタイミングが合えば、同棲するだろうし、
その前に良いパートナーが現れれば、そのパートナーと愛し合います。

俺が誰かと同棲なんかしたらもう、恋愛なんて出来ないんだから、
今は、気楽に自由に過ごしていきます。

もう、誰も待たないし、追いかけない。

出会いってタイミングだから。



『追記』
なんだか、仕事が忙しくて、コメントにレスする余裕も、
私書箱の返信もなんんもしてなくてごめんなさい!(汗)
今日の帰宅は日付が変わると思います・・・
ちょっと2.3日こんな状態だと思います!
皆さんの所に、全然回れてなくてごめんなさい!

また、仕事に集中します!

仕事に追われてるYutakaより。。。





最終更新日 2005.08.23 18:27:37
コメント(40) | トラックバック(0) | コメントを書く
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

更新履歴

取得中です。



メニュー