※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ぶ○ちゃんさん、また何処かで逢いましょう。

ぶ○ちゃん!私書箱くれて有難うございます。

”もう、何が真実で何が嘘なのか、まったく分からない。
言われた事を、確かめもせず鵜呑みにしたことは、本当に悪かったと思っています。
ごめんなさい。
本当に嫌な思いさせてしまってごめんなさい。 ”

この私書箱を見て、直ぐに返信させて頂きましたが、すでにぶ○ちゃんがブログを削除した後だったので、返信出来ませんでした。


ぶ○ちゃんも、俺には、かなり頭にきていたと思いますが、最後に私書箱で大人的な感覚で、くだらない揉め事を潔く終結させて頂いた事に大変感謝致します。

噂が誰から回ってきたかどうかは、もう関係無いですが、結構前から遊んで貰っていたお友達を噂如きで、こんな結果にしてしまい、申し訳御座いませんでした。

俺が日記を使って、男のプライドに傷を付ける形してしまってごめんなさい。

それと、ぶ○ちゃんと俺との共通のお友達の方にもくだらない喧嘩で嫌な思いや寂しい思いをさせちゃってごめんなさい。

大体、俺もぶ○ちゃんに直接確かめ、抗議したら良かったんだと、今になって思います。

言い訳になりますが、あれは、休日の出来事で、H大好きママから、○chって何?と質問のメールがあったので、俺は、気にしない方が良いよと返信させて貰ったのですが、ママがとても不安な気持ちになっていたので、心配でたまりませんでした。

ママの事を良く知ってると思いますが、ママは、とても優しくて、とても心の繊細な方です。

どのくらい不安な思いをしてるか想像できるくらい繊細な方なんです。

ママに○chの事を誰に教えて貰ったのかを聞いたらぶ○ちゃんでした。

俺は余計な事を何で教えたんだろうと腹が立ちました。

強制削除を繰り返しながらでもママは、楽しくブログで遊んでいたのに、そんな書き込みがあっても教えて言い事と悪いことがあると思いました。

誰が何処で何を書いても知らぬが仏で、ママに嫌な思いをわざわざさせる事もないだろうと思いました。

しかも他の人からは、ぶ○ちゃんからYutakaが○chに書き込んでると私書箱に来たと伝えれれ、とてもショックでした。

ママは、ブログを辞めても許してねと数回メールの遣り取りをしたのですが、携帯でママのブログを確認した時には、すでに削除されていました。

今月の20日頃まで、自宅のネット環境が無いから、携帯で楽天のお友達の方々にメールで確認してました。そして、状況が解らないまま自分勝手にイライラしてる時に、ぶ○ちゃんのブログも消えてると教えて貰ってたので俺は、すっかりぶ○ちゃんが削除する前に噂を広めたと誤解しておりました。

それから色んなお話を聞いて、俺は俺で勘違いしたまま翌朝出勤致しました。

俺こそぶーちゃんに確認する前に日記で書きたい放題書いて申し訳御座いませんでした。

おまけに、休み明け出勤し、自分のブログを見た時に、「5回ぐらい死ねば?」の書き込みまであって、余計周りが見えなくなってました。
まぁ、5回くらい死んでも俺は変わらないと思いますが・・・

結局ダサいのは、俺でしたね。

これからは、もっと冷静に、楽しくブログで遊ばせて貰いますので、H大好きママの所ですれ違った時は、宜しくお願いいたします。



もう、こんな問題は全て忘れて、彼女と同棲出来るまで楽しくブログで遊ばせて貰います。


今後は、心を入れ替えますので、皆様も宜しくお願いいたします。
m(_ _"m)ペコリ
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

更新履歴

取得中です。



メニュー