※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

彼女への返信。

夜になると、好きな焼酎を飲み過ぎて、酔って寂しくて彼女に電話しちゃうので、なんだか寝不足気味のゆたかです。(笑)

もう直ぐ彼女と一緒に暮らせるのは、解ってるんだけどあと少しが、長く感じるんですよね。。。

今朝、俺が部屋を出る前に、先輩から電話が掛かってきました。

俺の事務所には、既に社長が早めに出勤していたので、先輩が俺の机にお金を置くタイミング取れなかったから、給料の残りを明日にしてくれとの電話でした。

給料計算間違えの隠ぺい工作ですね・・・

もう、お金を確実に返してもらえるなら、彼女が来る前にならいつでも良くなってきました。

それは、さておき
毎朝、彼女からのモーニングメールが来るのですが、俺は出勤してから彼女に返信します。

早く起きるとベットの上から返信する時もあるのですが、俺は朝弱くて、出勤ギリギリまで寝ています。

俺が彼女に返信すると、彼女からメールが返って来ます。

ちょっと仕事が忙しくなって、メールを放置していると、メールの遣り取りは、止まってしまいます。

そして、ちょっと手が空いたらまた彼女にメールを送ります。

そしたら、また直ぐにメールが返って来ます。

しかし、俺がまた仕事をしだして返信しなかったら彼女のメールは、止まります。

で、時間が経ってからでも、俺がメール送ったら直ぐに返信がってくる。

なんだか、忠犬ハチ公みたいな彼女なんですよ(笑)

いつも、じっと黙って、俺のメールを待ってるんですよね。

だから、俺が暇な時は、良くメールでやり取りするのですが、俺がメールを止めるまで彼女からの返信は、途絶えません。

ホント、可愛い彼女ですo(*^▽^*)oあはっ♪

俺は、仕事をしだすと集中して、メールするの忘れちゃう時があるから、俺が返信しなくても、何かあったらいつでもメール下さいね!

片手で携帯眺めて、ちゃんとメールの内容は、読んでるから!

君のメールが何度来ても、俺は仕事の邪魔になんかなってないからね!

ただ、返信するのが遅くなってるだけですよぉ!

寂しい思いさせちゃってたらゴメンネ^^;

でも、俺達が同棲するのは、○日後だね!

二人で幸せになろうね♪

愛してるよ!
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

更新履歴

取得中です。



メニュー