※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

時刻は0時過ぎ。
プロソト 亀有店前の道を歩く黒羽大介。

まだ、終わっていないのか··

通り過ぎざまに誰にともなくつぶやいた。



向かう先は「水道橋バイク 亀有店」屋上。
そこはこの街を一望できる唯一の場所。


トコトコトコトコ…
ガチャン
遅かったな
黒いフォーマルスーツを身につけた男が黒羽に語りかけてきた。
見回りだよ。今夜は空気がへちょいからね」と、よくわからない事を言う。

へちょいってなんだよ。

ヤツはまだなのか?」スーツの男が言う。
黒羽は腕を組み、「後30分くらいだろう。こちらから仕掛けてもかまわないな?
逆にスーツに問いかける。

へちょい空気が漂う屋上にどこからともなく聞こえる金属音が。
カッキーン

隠れろ、大介
スーツが黒羽を庇うように前に出る。

よっ
明るい声で話しかけてくる青い騎士。
手には楽器のような、長い獲物を構えている。
一曲どうだい?
身構える黒羽。
あんたは一曲披露するためにこんな場所にきたのかい?やる気満々じゃないか
青い騎士は笑いながら返す。
ハハハ。メイドの土産だよ。何を隠そうオレはメイドスキー…
言うが早いかスーツ男の見えない攻撃が青い騎士の口元に!
ちょwおまww

先手必勝だ
冷酷に語るスーツ男。手にはダイコン

野菜鉄砲使いか・・!
青い騎士の額に青筋が浮かび上がる。

食べモンを粗末にするんじゃねぇ!!
言うや否や青い騎士は手にした楽器を吹き出した。

♪ペペロペロペロペロペロ♪

とっさに下がるスーツ男
くっ・・!

よけるなー!

無茶を言う・・!
視覚できない音波の攻撃なんて
避けようと思って避けれるわけではない。
衝撃を殺すため、ピーマンの肉詰めを取り出す
スーツの男。

はぁーーー!!

肉を撒き散らしながら音波を吸収する!

やるじゃないか。
演奏を停止し、笑いながらこちらをみる青い騎士。

アーチャー。一旦引くぞ。
黒羽は敵の異変に気がついた。
この場で決着をつけてもいいのだが、ヤツがこれから繰り出そうとしている攻撃を
アーチャーと呼ばれたスーツの男が防ぐことはできないと感じたからだ。

無言で頷くアーチャー。
黒羽の手をとり
「“ここは一旦、ほふく前進で離脱しよう”」
と、呪文を詠唱する。
すると、なんということでしょう。
目にも留まらぬ速度で青い騎士の脇を通り過ぎる
アーチャーと黒羽。

なっ・・・!!

あまりの速さに青い騎士は反応することもできない。

ちっと舌打ちをし、青い騎士は姿を消した。
|