七夜七冊 気候変動はどこまでいったら危険なのか?

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

・産業革命前と比べて2℃以上の上昇は危険水準

・すでに大気中に出されたCO2による上昇見込は1.2~ 1.3℃

・つまり、残りは0.8~0.7℃

・2℃上昇した場合に起こること・・・

 →数千万人が食料不足に陥る

 →数億人がマラリアの危険に晒される

 →数百万人が洪水の危険に晒される

 →数十億人が水不足に陥る

 →最も被害を受けるのは途上国

 →大規模な氷の融解が起こり、今後数世紀に渡って海面が上昇。特にグリーンランドの氷が融けた場合、海面は7メートル上昇し、南極大陸西部の氷が融けると5~7メートルの上昇が想定される。グリーンランドの氷は既に急速に融解し始めており、南極大陸西部でも氷河の融解がはじまったことが確認されており、大規模な氷床の崩壊の前兆である可能性もある。

 →大規模な氷の融解による海水位の上昇は、バングラデシュ、中国南部、ベルギー、オランダ、ドイツ北西部など海抜の低い地域が危険にさらされる。

 →地球全体の生態系が危機に晒される