七夜七冊 気候変動将来予測

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

・A2シナリオ(CO2の排出が比較的大きい)にもとづく気象庁の予測実験

→2100年頃には2000年と比較して、世界平均気温2.5℃、日本年平均気温2~3℃上昇。

→真夏日の年間日数は、九州南部や南西諸島で25日以上増加

→2100年頃には2000年頃と比較して、世界で年最大日降水量が、太平洋赤道域の中・東部で増加する  一方、その南北に位置する地域では減少する。