連帯ギルドの趣旨


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


1. 連帯ギルドの趣旨
 現在のロボ聖紀C21ではギルド(G)のメンバー上限が「15人」と制限されていることから制限枠に近いメンバー数や制限枠を超えた場合には連帯形式を構成しなければならないケースが考えられる。したがって、影舞ではそのギルド規則第十一条により、連帯ギルドを結成することができる。
 連帯ギルドを結成するケースとしては、①ギルドメンバーの申請、②ギルドとしての政策上の理由が想定される。が、なお、影舞ギルドと連帯ギルドはどちらも本体であり、連帯ギルドメンバーはすべて「影舞ギルドメンバー」であることに変わりはないことを付記しておくこととする。

2. 連帯ギルドメンバー
 連帯ギルドメンバーは影舞ギルドメンバーであるため、「影舞ギルドメンバー」の一覧に表示されると同時に、「連帯ギルド」の一覧にも表示されます。

3. 連帯ギルドの責任者
 連帯ギルドの責任者は「マスター」といい、「ギルドマスター」とは区別されます。マスターは当ギルドのギルドメンバーから選出されます。なお、ギルド規則に定める所ではあるが、念のため、下記にその注意事項を記します。

①マスターは幹部会議の了承(決定)を得ずに連帯ギルドを結成することはできない。
②マスターは幹部会議の了承(決定)を得ずに解散をしてはならない。
③マスターは幹部会議の了承(決定)を得ずにメンバーを増やす事はできない。
④マスターは幹部会議の了承(決定)を得ずにメンバーを除名処分・戒告処分できない。


第十一条(ギルドメンバーの権利・義務、ギルドの組織形態、またはギルド結成章に関する取り決め)
 ギルドメンバーは当ギルド規則に定めた範囲内における権利を有し義務を負う。ギルドメンバーは所定の場所にてギルドメンバーであることの証明を受け、ギルド内情報を自由に閲覧・編集することができる。また、ギルド幹部会議にて認定された機密事項を開示要求することもできる。ギルドメンバーは複数のアカウントを有する場合、ギルド幹部会議の許諾によりギルドメンバーとして複数の登録をすることができる。但し、複数のアカウントが当ギルドに登録された場合、複数アカウントで同一人物がギルド幹部会議構成員(例:狩り目的担当:甲★、及び育成目的:甲★★)となることはできない。


[ギルドメンバーの権利]
①ギルドメンバーは自己、または第三者がギルドメンバーであること知り得る
②ギルドメンバーはいつでもギルドを脱退することができる
③ギルドメンバーはいつでも所定の場所にてギルド内情報を共有できる
④ギルドメンバーはいつでも所定の場所にて自己実現、及び自己表現ができる
⑤ギルドメンバーはいつでも等しく同列であって差別的対応がなされてはならない

 なお、ギルドメンバーは特段の事情の無い限り、ギルド目的達成のために必要に応じて共同行為、かつ目的達成推進行為を行わなければならない。但し、ギルドメンバーが止むを得ない事情により共同行為、かつ目的達成推進行為がとれなかった場合、そのことをもって他のギルドメンバーから不当な扱いがなされてはならない。また、当ギルドは各ギルドメンバーのプレイスタイルを最大限に尊重しギルドメンバーのプレイ時間を最大限に尊重することを保障することとする。
 当ギルドは目的別担当制度により、その目的を達成するものとする。なお、2008年2月15日現在のギルド結成章(1万コズミックダラー)により、最大15名加入することができる。但し、このギルド結成章により、A、A★、A★★、A★★★、A★★★★(最大5文字)とするような連帯ギルド形式をとることができる。連帯ギルド形式をとった場合、ギルドメンバーは予めギルド幹部会議に連帯ギルド形態をとる旨を申請しその決定を得なければならない。なお、決定が不可だったにも関わらず、故意、または重過失による組織を結成した当該ギルドメンバーは除名処分・戒告処分の対象とする。また、連帯ギルド形式により、Aギルドはその長をギルドマスターとし、A★、A★★などの連帯ギルドはその長をマスターと認定することとする。



Copyright(c) 2006-2008 CyberStep, Inc. All Rights Reserved
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。
添付ファイル