※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ラプソディ・イン・ブルー

概要


私的概要

元々はガーシュウィンが自分でピアノを弾く為に小編成ジャズ向けに作った曲なので、ピアノは美味しいところ取りという感じの曲です。でも、元がジャズだっただけに基本は格好良い。どうして大編成オケ向けになったかというとファーディ・グローフェが編曲したから。
ルロイ・アンダーソンと同じで中間音楽という感じでノリは良いし、肩肘張らずにゆったりと聞くことができると思います。
基本ジャズということで、美味しいのはクラリネットとピアノとサックス。とにかくこの3つは外せない。ソロが長いので、ぜひとも色々聞き比べて欲しいな、と思います。

私的お勧め

ガーシュイン:ラプソディ・イン・ブルー/パリのアメリカ人 他
ソニーミュージックエンタテインメント
ガーシュウィン(ジョージ)(アーティスト), コロンビア・ジャズ・バンド(演奏), ガーシュウィン(作曲), トーマス(マイケル・ティルソン)(指揮), ニューヨーク・フィルハーモニック(演奏), ロスアンジェルス・フィルハーモニック(演奏)
発送:通常24時間以内に発送
発売日:1996-10-21
売上ランキング:41,899
おすすめ度:おすすめ度:4
Disc 1
  1. ラプソディ・イン・ブルー(原典版)
  2. パリのアメリカ人
  3. セカンド・ラプソディ(ピアノとオーケストラのための) ※〈CDテキスト〉

一般的お勧め

ガーシュウィン:ラプソディ・イン・ブルー、パリのアメリカ人/グローフェ:組曲「グランド・キャニオン」
ソニーミュージックエンタテインメント
バーンスタイン(レナード)(アーティスト), コロンビア交響楽団(演奏), ガーシュウィン(作曲), ニューヨーク・フィルハーモニック(演奏), グローフェ(作曲)
発送:通常3~4日以内に発送
発売日:2001-05-09
売上ランキング:73,346
Disc 1
  1. ラプソディー・イン・ブルー
  2. パリのアメリカ人
  3. グランド・キャニオン*組曲