※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

スペイン奇想曲

構成

  1. アルボラーダ
  2. 変奏曲
  3. アルボラーダ
  4. 情景とジプシーの歌
  5. ファンダンゴ

概要


私的雑感

基本的な管弦楽曲という感じですが、軽めなのでベートーヴェンとかは重いという人にはお勧め出来ます。私の中では「水上の音楽」などと同じ部類に入れてしまっています。坦々と聞かせる感じの曲ですが、その坦々さが気持ち良いです。
各楽器が歌いすぎると逆に厳しい曲になってしまいそうな気がします。弦も管も程々が一番さっぱりしていて好みだったりします。変奏曲でのホルンの和音の響きがかなり好みで、ついついそこを何度も聞いてしまったりします。
吹奏楽版は吹いたことがあるのですが、切れ目がないので結構キツかったことを覚えています。でも、また吹いてみたいと思うのは、どの楽器もそれなりに見せ場があるからなんだと思います。

私的お勧め


一般的なお勧め