※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ブルーノ・ワルター

概要

1976-1962
ドイツのベルリン生まれ。父親はユダヤ人。シュテルン音楽院でピアノを学び、1893年にケルン歌劇場で指揮者デビュー。1939年にはナチスのユダヤ人追放でアメリカへ亡命。1947年からニューヨーク・フィルハーモニー管弦楽団の音楽顧問に。1956年に一時引退後、彼のために組織されたコロンビア交響楽団でステレオ録音に励む。

ワルターの音楽哲学は「どうにかして作曲家がスコアに託した『温かいもの』を音楽にしたい。音楽にして聴衆に伝えたい」というものであった。終始穏やかなワルターはミスをした楽団員に怒鳴りつけるようなことはしなかった。ミスをした楽団員に対しては分かるまで説明する自愛の精神があり、演奏にもそういった精神が色濃く現れている。

私的お勧め


一般的なお勧め

ワルターの名盤としてはベートーヴェンの交響曲第六番田園が上げられる。ワルターの目指す音の温かみやカンタービレ(歌うように)がステレオ録音で残されている。
ベートーヴェン:交響曲第6番
ソニーミュージックエンタテインメント
コロンビア交響楽団(アーティスト), ベートーヴェン(作曲), ワルター(ブルーノ)(指揮)
発送:通常8~10日以内に発送
売上ランキング:24,114
おすすめ度:おすすめ度:5
Disc 1
  1. 田園*交響曲第6番ヘ長調