※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

セルゲイ・セルゲイヴィッチ・プロコフィエフ

概要

Sergey Sergeyevich Prokofiev
1891-1953

プロコフィエフはソ連の代表的作曲家であるが、彼の音楽は帝政ロシア時代と、革命により亡命してパリで活躍した時代、そして1933年にソ連へ期間してからの時代と3つに分別することができる。
第1時期はドビュッシー、スクリャービン、ストラヴィンスキーの影響を強く示し、全体的にロシア・モダニズムの傾向のものが多かった。第2時期は新古典作風が加わり、第3時期にはいわゆる社会主義リアリズムの線に沿っている。
しかし、すべての時期にわたって、彼独特の機智に富んだリズム感と、斬新なハーモニー、それにロシア的要素に培われた豊かな旋律性があり、その作品は現代音楽の中で高い地位を与えられている。

代表曲

管弦楽曲