めも @Wiki Excel


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ピボットテーブル作成時のデータ範囲指定のヒント
外部データを取り込んで、更新可能状態の場合、更新時に
変更のあったデータ(行)は追加削除になるようにする。
そのときにピボットの元なるデータは空白以外のセルになるようにする。
(ウィザードによるピボットテーブル作成のときに対象となるデータの
あるシートを開いた状態にしておけば自動的に、対象となりそうな
範囲が指定されているのでそのままOKをおして作成するのが吉)
こうすればフィールドとなるでーたは元データの書式どおりに
取れてくるので、年月日等でグループ指定する場合に便利。
外部データ取り込み更新で追加になった分の行が増えても
ピボット側でその分の範囲をしゅうせいしてくれる?ので
こうするほうがいい。完全列指定よりも圧倒的に使いやすくなる。

書いてて死ぬほど分かりにくいなと思った。


VBAでマウスホイールを使えるようにする
http://support.microsoft.com/default.aspx?scid=kb;ja;837910