※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

かつろ くわつ― 1 【活路】
(1)行き詰まった状況から抜け出す方法。生きるための道や方法。
「―を開く」「新天地に―を求める」
(2)生活の手段。
「―ニ苦シム/ヘボン(三版)」


本当の意味でいろんなことが解決するといいですね。多くの個人を切り捨てて、ようやく一部の法人が息を吹き返した日本の経済とか、とりあえず壊れまくった与党とか、崩壊し続ける野党とか、おいらのあんなこととかこんなこととか。

「かつろ」という言葉の「か」。無声破裂音。「かつろ」という言葉の「つ」。無声破擦音。ついでに言えば「かわ」の「か」。「かがやく」の「か」と「く」。無声破裂音。「さがしだす」の「さ」と「し」と「す」。無声摩擦音。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AD%90%E9%9F%B3
全体としてこのあたりの歌詞は飛ばしやすい乾いた子音が多く音楽の持つ勢いを表現しやすい状況になっています。というよりも詩人が、合唱曲になることを念頭に置いて、黙読ではなく音読して効果が増す言葉を選び、作曲家がその効果を見落とさず曲にした。だから歌い手の私たちがそこを見落とさないように実際の音にしていかなくては。

私の感覚だと、このあたりを映像にするなら「育てられた愛が」までを使ってダムの取水口からダムのパイプの中を通って流れを速めていくところを基本の映像に使うかなぁって思います。Allegro leggieroであることをうまく生かして表現できるといいなぁ。