※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

そういえば、2chかどこかを沸かせたお遍路さんが旅を終えたそうですね。
巨大テーマパーク四国。この島のすべてを使って描いた祈りの道と88カ所のマイルストーン。

時間をかけ反復していくことは、心に何かを刻みこむ大切な方法だと思う。
何か大切なことを伝え続けるのに、一瞬で終わることのできない仕掛け。

私はこの夏、およそ一週間かけて、とある巡礼を行ったらしい。そんなつもりはなかったのだが、気が付くとまんまと巡礼させられていた。

ただそこにいるだけでも張り裂けそうな思いをステージ上のメンバーと客席の多くの人たちと共有し、たまたま音楽を媒介させた。

あれからずいぶん時間がたったのに、かつてないほど些細なキーワードでその想いが蘇る。だから、参加して良かったと思う。
伝え、行動して行かなきゃという責任も感じる。

点ではなくて線であること。
時間をかけて巡ること。

テーマは祈りではないけど、川は点ではなく線だし、音楽には時間がある。
オフも単発ではない。

うまくいえないけど、ぜんぜんうまく言えてないけど、何か大切なものが、この一連のオフでみんなの中に、生まれますように。

この夏のことを思い出して、そう思いました。

(この文書は2005年10月12日の日記です)