※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

最初のページの変わり目からの動き。

かわ、かわ、かわー、と7つの和音を作る。
順にみてみると、

まず前からの続きト長調(#1こ)で
Ⅴの和音(移動ドでソシレの和音)
  →Ⅰの和音(移動ドでドミソの和音)
そこからイ長調(#3こ)に転調して
Ⅳの和音(実音では2つ前と同じ和音、移動ドでファラドの和音)
  →Ⅴの和音(移動ドでソシレの和音)
その調のまま
Ⅴの和音(移動ドでソシレの和音)
  →Ⅰの和音の属音抜き(移動ドでドミの和音)
   →Ⅰの和音(移動ドでドミソの和音)

と動く。

長調で重要なのはⅠⅣⅤの3つの和音で、それしかないわけ。
ただ、途中で転調するので、盛り上がり感が演出される。

重要なのは、どの瞬間も、「あ」の母音でシンプルな和音を作っているから、どこで止めて伸ばしても、きれいな音が鳴っているはず。
和音の感じは聞いて覚えるのでいいと思う。
はまるところへはめる癖を、こういうところで養ってみて欲しい。