※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。



正直言って投網を打っている人を生で見たことはありません。
私が中学生の頃、マガジンで連載されていた釣りキチ三平で、茜屋流小鷹網の話を読んだくらいが唯一の知識で、投網といえば紀ノ川。高校生になって、当時住んでいたところから見て、西の筑後川を歌いながらも投網が膨らむのは東の紀ノ川って感じの空間感覚。どっちも当時は行ったことがなかったから、それ以上の実写的イメージはありませんでしたけど、川魚といえば、そりゃ鮎でしょ、ってな勝手な意識も手伝って、具体的なんだかいい加減なんだか、いろいろ考えながら歌ってたような。

ところでこの茜屋流小鷹網。まんがだけの話かと思ったら、実在するらしいですね。ちょっとびっくりです。
http://www.jtw.zaq.ne.jp/cfaps100/k5syokunin.htm


  
添付ファイル