※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

腕の中の私を見下ろし、彼は微笑んだ。
彼の笑顔は影も迷いもない。
ただあやすように、癒すように、まっすぐに私を見る。
彼にとっては私の身体なんて、小鳥の産毛よりも軽いに違いない。
いつもと変わらぬ歩みで、細波のたっているシーツへと近づいていく。
「呼んでごらん、俺の名を」
―――『君の紡ぐ旋律』より
http://www.fmmweb.com/angel/novels/short/melody.htm

(・・・・・・え?)
 理解するより先に、柔らかく暖かなものが右頬に触れる。
 小鳥の産毛を思わせる感触が、八戒の唇だと分かるのにたっぷり数秒。
 次の瞬間、体中の血液が顔に集まったんじゃと思わせるほど、悟浄は赤面していた。
 「悟浄って、本当にスキンシップがお好きなんですね」
―――『孵化する楽園』より
http://yuzai.easter.ne.jp/novel01/huka.html

将はこの王子様が本当に好きだった。
純粋に、同い年のかっこいい王子様が友達のようにいてくれるのが嬉しかった。
だから、彼の不安や不満は取り除いてあげたいと切望している。
純粋無垢な、小鳥の産毛のような将の心。
綺麗すぎて、清澄すぎて、それ故に水野の加虐心を煽るとは露も思い及ばずに。
―――『<武蔵森王国>』より
http://www.avis.ne.jp/~syazen/lovelove2.htm

この最後のひと時さえやりすごせば、すべてが終わる。
誰にも看取られることのないまま……すべてが。
降りしきる雪は、まるで天の涙のようだ。
小鳥の産毛のように、柔らかく大地を埋めてゆく雪。
だが刺すように冷たいその感触は、胸の内に飼う、あの硬く凍りついた氷塊を思わせる。
―――『HAVANAISE-ハバネラ-』より
http://www.geocities.jp/gaki_k/serious/havanaise8.htm

以上は
「小鳥の産毛」でぐぐって出てくる小説です。
総じてエロい気がするのは気のせいでしょうか。