※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

怪しい布団売りの講釈を聞かずとも、羽毛にダウンとフェザーがあることは知っているだろう。ダウンは水鳥の胸から腹部に多く見られるタンポポ状の羽毛で、フェザーはいわゆる羽根で芯(羽軸)のあるもの。
ダウン50%以上で羽毛布団、フェザーが50%以上なら羽根布団。
高価なのはダウン。
それもダックでなく、グースの、手摘みで、成熟羽毛。
ん?成熟羽毛?小鳥じゃないの?

勝手な想像だけど、作詞家は写真にあるようなたくさんの筋を持つ、白く、軽く、淡いもののたとえとして小鳥の産毛と呼んだのではないか。ただここで、高級成熟羽毛をふんだんに使いましたとか言われても聞いているほうには何のムードも伝わらないし、陳腐なエロ小説のボキャブラリーと被ってでもw(とは思ってないだろうけど)小鳥といいたかったのかと。
  
添付ファイル