※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「川は歌うさよ…」までの音を見てみると、「かわは」「うたう」「さよ.」と反復していることに気づきます。
ソプラノもアルトもテナーも同じ。ベースは関係ないです。ピアノも最初の2回はそのまま同じ音です。ただ、どのパートもクレシェンドしているので、1回目よりも2回目の方が大きくなります。

こういうのは古くてオーソドックスな作曲法では禁じ手です。単純すぎるからか、それとも気持ちが高ぶってしまうからか、どういう理由でしょうか。ありがちな作曲なら、ソプラノで言えば現状で、
♪ シ♭ドレ シ♭ドレ シ♭ドーソファー なのを
♪ ソラシ♭ ラシ♭ド シ♭ドーソファー とか、
♪ ミ♭ソシ♭ ソシ♭レ シ♭ドーソファー とかっていう上昇系にしそうなところ。

同じ音を繰り返すと、気持ちが急いて、切迫感、緊張感が高まる、ってことになってます。ここを歌っててそう感じたとしたら人間として自然な展開です。「さようなら」という言葉を導き、サビに向かう音楽で、べたべたな作曲になってくれています。
勝手にテンポを作ってしまわないことだけ注意しながら、心にゆとりを持って、盛り上げていきましょう。曲の力を借りることができるのは、曲作りで楽でいいですね。そのとおりやればいいわけですから。
ベースはみんなの音を聞いて、その流れに入ってください。

向かうべき先は見えてますよね。