※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。



幸を一部に持つ漢字は、あまり明るい感じがしません。
 (ちなみに圉は牢屋って意味です)
それもそのはず。幸という漢字は甲骨文字にもあるほど古い文字ですが、もともとの意味は手枷。罪人が手を縛られている手錠の昔バージョンのやつ。

添付図は上が書道家ろふゆさんのサイトから
http://zavomya.seesaa.net/archives/200508.html
下が漢字質問箱のサイトから
http://ww81.tiki.ne.jp/~nothing/kanji/q/q_015.html
の無断引用。

幸(コウ)って、成り立ちからして不幸と隣り合わせなんですね。

一方、しあわせ、という日本語は、為合わす、仕合わす、から転じたとか。
言葉自体は、めぐり合わせ、事の成り行きという、ニュートラルな意味。

公立の小中学校って、積極的な選択で行くところじゃなくて、地域の同級生がとりあえず集まるところだから、同じ頃、近所に居るかどうかという偶然だけで出会って、すごして、卒業するんだよね。
♪ 同じ時代を今生きてる奇跡が すごくうれしいからね
という、とあるアニメのエンディングを聞いて、まぁそのアニメはその時代に生きていないはずの登場人物の存在が重要だったわけなんだけど、年寄りが中学時代を思い返すにはぐっと来るようにできてるなぁ、と。
めぐり合わせが、しあわせに通じるということは、まぁ、たしかにそうだと、しみじみ。




  
添付ファイル