※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

『筑後川』一番の山場。それが「有明の海へ」の「り」の付点四分音符。
フォルテ3つ。Grandioso。少し長めの音で和音を形作るソプラノに課せられる責任は重い。

日頃
  • 健康な体を維持
  • よい姿勢
  • よく歩く
  • 規則正しい生活
  • 快食快眠快便
  • 十分にストレッチする
  • 肩こり、首のこり、腰の張りなどを残さない
  • 気持ちほがらか
  • 腹式呼吸の反復訓練
  • どならない、吠えない
  • 鼻呼吸を心がける
  • 鼻づまりがない

事前
  • 音取りに不安がないようにする
  • このあたりくらいは暗譜している
  • この音の和音感がなじんでいる
  • この5拍子に違和感がない
  • 三度音程の跳躍訓練が十分できている
  • このあたりを何となく鼻歌で歌える
  • 言葉の意味を理解
  • 自分と周りの実力を把握
  • 本番で自分がどの程度化けるか把握

前日
  • よくストレッチ
  • 日頃からの訓練or鼻歌
  • よく寝る

音を出す日
  • 体力温存
  • よくストレッチ
  • 腹式呼吸(とくに丹田の)
  • 気持ちほがらか

音を出す少し前
  • 首周りのストレッチ
  • 肩周りのストレッチ
  • 腰周りのストレッチ
  • 背中のストレッチ
  • 肋骨周辺のストレッチ
  • よく背伸び
  • 口を大きく開け、口の奥も大きく開けておく(軟口蓋を持ち上げる)
  • 目を見開き、目の奥(のような気がする頭皮あたり)も見開くように伸ばしてから弛緩
  • 気持ちを緩めすぎず力を入れすぎず、にっこり、ほがらか

音を出し始めるとき
  • 急にでかい音を出さない
  • こんなところで目立とうとしない
  • だけどなにも遠慮はいらない(節度は必要)
  • できればハミングや鼻歌のような音を多用
  • いい声が出るまでに30分くらいはかかるものです

この音に向けて
  • まっすぐに立つ
  • リラックス、リラックス
  • 舌に変な力が入っていない。力を入れないんじゃなくて、入ってない。
  • リラックス、リラックス
  • 肩に力が入っていない
  • 胸は高く
  • 下半身はどっしりしっかり。大地を足でしっかりつかんで立ちましょう
  • お尻をキュッと締めようがある立ち方で
  • でもリラックス、リラックス
  • 笑顔を作りましょう
  • 高原のすがすがしい空気を吸い込んでいるようなイメージで(上半身)
  • ときどき全部崩してストレッチもやりましょう

この音
  • 大丈夫 出ます いい声で歌えます
  • 直前の「あ」の音の前のブレスで、胴体の緊張を抜きすぎない
  •  胸の高さを維持して 下腹部の下向き、外向きの緊張も維持
  • 直前の「あ」をいい形のクッションと捉えて、「あ」といっている間に
 「り」がだせる呼気を整えて出し始めます
  • 口をそれなりにあける でもあけすぎない 音が当たるところをイメージ
  • 「り」の頭で押す必要はありません
  • 舌の力は抜けてますか
  • 目を見開いて 喉は力を抜いて
  • 母音のことは気にしすぎないくていいです
  • っていうか考えすぎはよくないです
  • 大丈夫 いい声です
  • この小節の3拍目、ピアノパートの左手の音にあわせてもう一押しお腹を使って
  • ステキな笑顔で歌えてますか
  • 少しはベースの音も聞きましょう

この音のあと
  • 3拍目の意識があれば、つづいて「あけの」に入っていけるはず
  • 「うみへ」まで気を抜いちゃダメです
  • 「へーー」はなんと2拍半もあって長いです ちゃんと伸ばして下さい
  • そのあと、ありがたいことに休符が2拍あります ここで休めます


組曲として、演奏会として
  • ここまで体力が持つようにペース配分を考えておきましょう
  • 本番はいつもと声の出方が違うことに留意して、本番用のペース配分も考えましょう
  • できるだけ日頃の練習で、本番のように歌いましょう
  • 謙虚さも必要ですが、自己顕示欲は重要です
  • 聴いていただく方に伝えたいことを頭に描いきましょう
  • 指揮を見ましょうね

姑息系(大人って汚いよ…)
  • 整体に通う
  • ユンケルやリポビタンDなどのいわゆるドリンク剤を飲む
  •  あるいはQPコーワゴールドやアリナミン○○などの疲労回復錠剤を飲む
  • 直前の1小節くらいを他人に任せて、見せ場のみに集中する
  • 母音をごまかして自分の出しやすいものにして、ピッチと声量と音色で勝負する
  • ちょっと高めに出す
  • 平然と出せているような顔をする