※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

合唱楽譜のテクストは歌ふために用ひるのだから表音的に用ゐるべし。
果たしてそれでよいのでせうか。
そもそも「かりゅうど」といふ言葉をどのやうに解釈したら良いのでせうか。「かりゅうど」といふ表記では「カリュード」といふ音のみを代表してゐて、「狩る」と「人」とに分解出来ないではないですか。「かり(狩)」といふ言葉と「ひと(人)=(うど)」といふ言葉とが組合さつて「かりうど」といふ言葉ができるのです。この場合、正仮名づかひでは、容易に語源に辿り着くことが出来ます。
歌は心を届けるものであつて、意味のない音のをつなげるだけであってはならなりません。語彙を読み取ることができて初めて言はんとすることを伝えられるでせう。

團先生はさういふふうに考えて、「狩人」といふテクストを、「かりうど」と書かれてゐるのです。(笑ひ!)
http://www.geocities.jp/kokugo_shohousen/ronpaku.html