※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 アカペラで音を重ねていく様は、
  あまたの地にて生まれきたゆえ


旧約聖書的世界観なら、世界は神の一声に端を発し、
ありがちな宇宙論なら、世界はビッグバンに遡る。
蝶の羽ばたきほどの小さなひとつのゆらぎが、
大きな無数の嵐を生むことも、
描く世界としてはすばらしいかもしれない。
しかし、無数の粒の雨だれが、
やがてひとつの河口を駆け抜ける。
そんなまとまり行く様子も、
感動をもって語るに値することだろう。

はじまりはひとつじゃない。
だけど僕たちは出会った。