※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

冒頭の特徴的な旋律ミレレミファミレドラソで「いまうまれたばかりのかわ」が帰ってくる。
冒頭はAndantinoでp。中間部の「いま生まれたばかりの川」はmfスタートでクレシェンド(最後はff)。そしてこの曲の終わり「未知の国々への旅行が」はGrandiosoでfff。
頭から続いてきている音楽であるということと、それが盛り上がってきているということを正しくお客様に伝えられるよう、頑張りましょう。
ピアノパートが黙ってくれていますので、ここは声の見せ場です。
アルトとベースは冒頭とまるでまったく無関係な音形なので油断すると気づかないかもしれませんが、ソプラノとテノールがこの旋律をやっているんだ程度のことは知っておいてください。
ちょっと特殊な旋律なので、和音付けをすると、アルトやベースはあおりを食らって、なんだかわかりにくい音になっています。
正直、個人的にはベースの音とりでこの1小節が一番難関でした。こういうところは、縦に揃えば単純な和音であるということを信じて、でも自分の音はピアノで叩いて何度も歌って無理やり覚えてしまうだけで、ベースとかはあんまり歌って楽しいところじゃなくても、とにかく覚えてしまいましょう。
どうこういうより聴いて覚えるほうが早いって所もあるものです。