※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

フォルテだし、マルカートだし、付点のリズムだし、男声だけが担当しているし、ピアノパートはアクセントだらけだし、変ホ長調での移動ドでいえば「ド、ソ、ド、ソ」というわかりやすい左手だし。(変イ長調?)
どこをどうとっても「不屈の決意をした青年です」の3小節は軍隊風の行進曲という方向以外に考えられません。
その直前の「冷静であるように」という言葉とは明らかに話者が異なるし、拍子が変わって、二重線が引いてあるし、ページの上の段から下の段に移るときに、明らかに音楽を切り替えるべきです。そして変わった先が軍隊行進曲。
ゆるぎない気持ちが、万が一にも軽くとられないように、付点のリズムは長い音符で弾みすぎないことが肝要。付点が付いている長いほうの音符を短く切ってしまうと、弾んだ気持ちの軽やかな音楽にもなりえるので、とくに音が高くなる3小節めの「青年です」は要注意。