乱れ撃ち読書録@chipmunk1984 エデンの戦士
※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

エデンの戦士



書名: エデンの戦士
著者: 田中 光二




<イメージをクリックするとamazonに進みます>

紹介

紀元二六〇〇年、地球は地磁気の逆転による放射線の脅威に晒されていた。人類滅亡を危惧した一部の科学者たちは、人工凍眠させた二人の男女に地球の未来を託した。――それから二〇〇〇年、二人は、長い眠りから目を覚ました。男はハワイで、女は遠く離れたヨーロッパで……。放射能によって変わり果てた地上で、互いのまだ見ぬ姿を求め、旅する二人は……。傑作ヒロイック・ファンタジー。

評価

評点:★★★☆☆ ( 5/10点)
今読み返すと,さすがに古い.いわゆるファンタジックSFなのですが,そのSFとしての部分もファンタジーの部分もまだまだ未完成で,現在の視点で考えればそれなり...の評価しかできません.ただ,この作品が発表された当時,私が初めて読んだ当時には,新鮮で,楽しい作品だったこともまた確かです.ジュヴナイルのちょっと先の作品として,若干の懐かしさを感じながらの再読でした.(点数はちょっと甘いかも知れません)

おまけ

読み返して思ったのですが,この作品は,田中光二の手による『銀河帝国の崩壊』(または『都市と星』)みたいだな.そんな気がしました.
コミック版もありますね.こちらも面白いです.