乱れ撃ち読書録@chipmunk1984 天使墜落 下

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

天使墜落 下



書名: 天使墜落 下
著者: ラリー・ニーヴンジェリー・パーネルマイクル・フリン (浅井 修訳)




<イメージをクリックするとamazonに進みます>

紹介

連邦政府の魔手をふりきったSFファンと天使たち。彼らが転がり込んだ先は、極秘裡に開かれていたSF大会だった。そこで彼らはとある噂を耳にする。このアメリカのどこかに、今も飛行可能なロケットがあるというのだ!これで天使を宇宙に帰してやれる。全国に散らばったSFファンのネットワークが動きだし、北米大陸を横断する史上最大の作戦がはじまるが……宇宙船の打ち上げはなるか? 

評価

評点:★★★☆☆ ( 6/10点)
『おたく』っていうのは世界中どこにでもいて...というSFギャグ大作.舞台はSF大会で,DUFFにTAFF,合い言葉はFIAWOL(Fandom Is A Way Of Life),果ては<シーフードへの話し手>(スピーカー・トゥ・シーフード)の登場.マニアというのはどこでも同じなんだなぁと妙な感心をさせられる作品です.SF読みなら一度は手にとっていただきたいと思います.現代SF界の旗手たちによる作品なので,ちょっとストーリーはステレオタイプな所がありますがSFとしてもしっかりとしたできになっていてギャグ抜きでも一流の作品として楽しめます.
私は中途半端なSF読みなので,とてもすべてのネタは理解できませんでしたが,それでもニヤリとできる描写がそこここにあってとても楽しめました.ちょっと読み手を選ぶかも知れませんが,この作品はSFを読み込んだファンに対する3人の巨匠からの楽しいプレゼントですね.

おまけ

Internetでネタを解説しているサイトを探したのですが,残念ながら発見できませんでした.誰かまとめてくれないかな.
ところで,下巻に入るまでアーテリアって男性だと思ってました。スペルがArtelia?ならaで終わるから女性名としては普通なのでしょうか?それともちょっとミスリードするような記述もあったのでわざと男女がわかりにくいように書いてあったのでしょうか?教えて!英語のエロイ人!