乱れ撃ち読書録@chipmunk1984 ビッグ・ウォーズⅢ 真白き神々の降臨
※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ビッグ・ウォーズⅢ 真白き神々の降臨





書名: 真白き神々の降臨
著者: 荒巻 義雄




<イメージをクリックするとamazonに進みます>

紹介

神々との戦いのさなか、何者かによって火星から石炭紀の地球の転送されたハイパー・マグドナルドにも、ようやく事態の推移が理解されてきた。全ては人類の地球脱出にむけて、世界頭脳が周到に用意した計画の一環だったのだ。ハイパーもまた遺伝子操作を受けて誕生し、敗色濃い地球人を、神々の専制から救う任務を帯びていた。世界頭脳が描く未来世紀の方舟計画とは?スペース・オペラ巨篇。

評価

評点:★★★☆☆ ( 5/10点)
(これはビッグ・ウォーズシリーズ全体の評価です.)
荒巻 義雄が仮想戦記シリーズに行ってしまう前,まだSF作家だった頃(?)のスペースオペラ大作.どこかでも書いた気がしますが,本当にスペースオペラは難しいと本当に思いました.『神人戦争』や『人体強化処置』といった設定は面白く,ディテールにはそれなりの工夫があるのですが,話が進むにつれ,作者の後年の行き先を示すかのようになんだか第二次世界大戦の戦記物みたいになってしまって,なんだかなぁというのが率直な感想です.巻末の年表など,それなりに世界を練ってはいるようですが残念ながら作品には活かされていないようです.登場人物のネーミングが安直に見えるのもちょっと損ですね.

おまけ

主人公の名前だけはちょっと工夫がありましたね.普通に読んでいたら気がつきませんよ.