乱れ撃ち読書録@chipmunk1984 スタープレックス
※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

スタープレックス



書名: スタープレックス
著者: ロバート・J・ソウヤー (内田 昌之訳)




<イメージをクリックするとamazonに進みます>

紹介

探査宇宙船スタープレックス号は地球人とイルカ、六本足のウォルダフード族と統合生命体のイブ族という異星人の乗組員を乗せ、旅立った。建造者も建造目的も不明ながら、瞬間移動を可能にする謎の通路を使って、銀河系のさまざまな未知宙域を探険するのだ。異種族混合の乗務員を率いる宇宙船の指輝官キースが、壮大なる旅路の果てにつきとめた銀河創成の秘密とは…?ネビュラ賞作家のソウヤーが描く、驚異の冒険SF。

評価

評点:★★★★☆ ( 8/10点)
人間とイルカそして異星人を乗せた宇宙船スタープレックス号の冒険とキース船長の遙かな旅を描いた大作.読み始めは,現在とドレイコニスの様子が交互に描かれる構成がちょっと読みにくく,ソウヤーにしては物語の進み方がぎくしゃくしているなぁと感じましたし,なんだかウォルダフード族やイブ族もとってつけた様子で退屈だなぁと感じていたのですが後半に入るとこれらの伏線がうまく撚り集まって見事な結末へと導かれます,ダークマター種属とか急な恒星の出現(別に恒星送り込まなくてももっと穏やかなやりかたがあると思うんだけど)とかツッコミ所は多いんですが,それを超えて読み手は物語に引き込まれ,読後感は爽快です.ソウヤーらしい緻密で巧みな構成の作品でした.ハードSFっぽい設定を消化しながらキースという人間,人類という種属についてきちんと考察した佳作です.

おまけ