乱れ撃ち読書録@chipmunk1984 ミクロの決死圏2-目的地は脳- 上

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ミクロの決死圏2-目的地は脳- 上



書名: ミクロの決死圏2-目的地は脳- 上
著者: アイザック・アシモフ(浅倉 久志 訳)




<イメージをクリックするとamazonに進みます>

紹介

退屈な学会の講演にうんざりしていたアメリカの神経物理学者アルバート・モリスンは、ソ連の科学者ナターリャ・ボラノーワから意外な申し出を受けた。学会から異端視されているモリスンの画期的な脳波分析の方法を証明するためにソ連に招待するという。しかも驚きはそれだけではなかった。ソ連で開発中の物体ミクロ化実験に参加して脳の中へ入れというのだ。モリスンは実験への協力を断るが……巨匠アシモフの話題作

評価

評点:★★★☆☆ ( 5/10点)
著者まえがきによれば,映画のノベライズであった『ミクロの決死圏』についてアシモフは決して満足をしておらず,この作品を書くに至ったという.しかしながら,正直,アシモフの目論見は成功したとは言い難い.アシモフだけに物語は快調に進むし,ミクロ化技術についての解説はSF的には洗練されたものとなっているが前作を越えるセンスオブワンダーの構築には至っていないと感じられる.

おまけ