乱れ撃ち読書録@chipmunk1984 顔 FACE
※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

顔 FACE



書名: 顔 FACE
著者: 横山 秀夫




<イメージをクリックするとamazonに進みます>

紹介

「だから女は使えねぇ!」鑑識課長の一言に傷つきながら、ひたむきに己の職務に忠実に立ち向かう似顔絵婦警・平野瑞穂。瑞穂が描くのは、 犯罪者の心の闇。追い詰めるのは「顔なき犯人」。鮮やかなヒロインが活躍する異色のD県警シリーズ!

評価

評点:★★★☆☆ ( 6/10点)
この作者が得意とする警察物語で,今回は異色の婦警が主人公のオムニバス.警察組織とそこであがく平野瑞穂の様子が,生々しく,ある時はもの悲しく,またある時はスリリングに描かれて読者を引きつけます.横山作品らしく,スムースに読めますしストーリーもしっかりしているのですが,テーマがてんこ盛りすぎるのが欠点.いくらなんでも一つの警察署,一人の婦警のまわりでこれだけ大事件が起き続けるというのは...現実離れしすぎていて,少なくとも私は読んでいてしらけてしまい,作者のメッセージの伝わり具合が悪くなってしまいました.ストーリー毎に主人公変えて連作風にすればもう少し点数あげられるんですが...

おまけ