乱れ撃ち読書録@chipmunk1984 超革命的中学生集団
※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

超革命的中学生集団



書名: 超革命的中学生集団
著者: 平井 和正




<イメージをクリックするとamazonに進みます>

紹介

おれの名前は横田順弥、中学一年生の美少年だ。身に覚えのない言いがかりで、級友の肥大漢鏡明から果たし状をつきつけられたおれは、仲間の正明やワタビキ殿下を介添人におっかなびっくり指定されたお稲荷さんへと出かけたのだが---なんと! いざ血闘というまさにその瞬間、突如頭上に出現した空飛ぶ円盤のおかげで、そこに居合わせた一同六人途轍もない超能力者になってしまったのである! おれたちは宇宙人Xに選ばれたスーパー・ウルトラ・エリートなのだ! かくて結成された略称<超革中>が巻き起こす、空前絶後、抱腹絶倒のハチャメチャ騒ぎの結末は?


評価

評点:★★★★☆ ( 7/10点)
言わずと知れた平井和正のハチャハチャSF怪作.ぶっちゃけ楽屋ネタ満載の内輪受け小説なんですが,古き良き日本SF界が垣間見られて楽しく読めます.まぁ,あの当時を知っている世代でないと単なるおちゃらけ小説に見えちゃいますが...これも有名な話ですが,これを学習雑誌に連載したという作者と編集者の度胸も凄いもんだと思います.


おまけ


改題され,内容もちょっと変わって青い鳥文庫fシリーズで再版されています.永井豪の挿絵じゃないと萌えないというのもありますが,主人公の名前とか,結末とかちょっと変えてるんですよね.それもそれほど必然性があると思えないところで.何かあったのかな?