乱れ撃ち読書録@chipmunk1984 アルジャーノンに花束を
※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

アルジャーノンに花束を



書名: アルジャーノンに花束を
著者: ダニエル・キイス(小尾 芙佐 訳)




<イメージをクリックするとamazonに進みます>

紹介

32歳になっても幼児の知能しかないパン屋の店員チャーリイ・ゴードン。そんな彼に、夢のような話が舞い込んだ。大学の偉い先生が頭をよくしてくれるというのだ。この申し出にとびついた彼はネズミのアルジャーノンを競争相手に、連日検査を受けることに。やがて手術によりチャーリイは天才に変貌したが……超知能を手に入れた青年の愛と憎しみ、喜びと孤独を通して人間の心の真実に迫り、全世界が涙した現代の聖書

評価

評点:★★★★☆ ( 8/10点)
いろんなところでネタバレが進んでいる有名作.ただネタバレしても作品の魅力は少しも落ちることはない.話の展開上,導入部は若干読みにくい部分があるがそこを通りすぎれば一気に読むことができる.静かな語り口にすがすがしい感動が得られる秀作です.

おまけ