乱れ撃ち読書録@chipmunk1984 グリーン・マイル3 コーフィの手

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

グリーン・マイル3 コーフィの手



書名: グリーン・マイル3 コーフィの手
著者: スティーヴン・キング (白石 朗訳)





<イメージをクリックするとamazonに進みます>

紹介

妊婦ら四人を殺害した兇悪粗暴な男ウォートンは死刑囚舎房にやってくるなり看守のひとりを殺しかけた。看守主任を務めるポールは、その日持病の尿路感染症が悪化し、激痛に苦しんでいたのだが、なんとか騒ぎを鎮めた。その後、いつもおとなしい大男の死刑囚コーフィが、なぜか懇願するようにポールを独居房内に呼び入れ、下腹部に手を触れてきた。そして次の瞬間、奇跡が起きた……。

評価

(この評価は6巻を通しての評価です)
評点:★★★★☆ ( 7/10点)
日本ではあまり馴染みのないペーパーバックを毎月1冊ずつ6ヶ月連続で発売するという形式で発表された作品.文庫でも1冊1冊はかなり薄い本になったが,外見に似合わず重厚な作品になっている.出だしは淡々としたスタートで物語もそれなりに進み,キングらしいところがあまりないなぁという感じでむのですが,読み進めるに従ってなんだかちょっと違和感が出てきて,クライマックスでちょっと驚くどんでん返しにあいます.1930年代のアメリカというこちらにはあまり馴染みのない設定ですが,読み始めればそこはキング.一気に読めます.私は6冊を一緒に手に入れたのでストレスは無かったですが発売時は毎月これがでるのを待たされたわけで,ちょっとつらかったかもしれませんね.

おまけ