乱れ撃ち読書録@chipmunk1984 グリーン・マイル4 ドラクロアの悲惨な死

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

グリーン・マイル4 ドラクロアの悲惨な死



書名: グリーン・マイル4 ドラクロアの悲惨な死
著者: スティーヴン・キング (白石 朗訳)





<イメージをクリックするとamazonに進みます>

紹介

雷鳴の轟く嵐の夜、賢い鼠の飼い主だった死刑囚ドラクロアの処刑が行われた。その陣頭指揮を取ったのは、彼を目の敵にしている残忍な性格の看守パーシー。電気椅子での死刑執行において、ある大切な手順を省くことで、パーシーは身の毛もよだつような醜悪なかたちで復讐を遂げることになったのだ。恐ろしく忌まわしい処刑のあと、ポールは危険きわまりない大勝負を考えついた――。

評価

(この評価は6巻を通しての評価です)
評点:★★★★☆ ( 7/10点)
日本ではあまり馴染みのないペーパーバックを毎月1冊ずつ6ヶ月連続で発売するという形式で発表された作品.文庫でも1冊1冊はかなり薄い本になったが,外見に似合わず重厚な作品になっている.出だしは淡々としたスタートで物語もそれなりに進み,キングらしいところがあまりないなぁという感じでむのですが,読み進めるに従ってなんだかちょっと違和感が出てきて,クライマックスでちょっと驚くどんでん返しにあいます.1930年代のアメリカというこちらにはあまり馴染みのない設定ですが,読み始めればそこはキング.一気に読めます.私は6冊を一緒に手に入れたのでストレスは無かったですが発売時は毎月これがでるのを待たされたわけで,ちょっとつらかったかもしれませんね.

おまけ