乱れ撃ち読書録@chipmunk1984 エニグマ 下
※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

エニグマ 下



: エニグマ 下
著者: マイクル・P・キュービー=マクダウエル (古沢 嘉通訳)




<イメージをクリックするとamazonに進みます>

紹介

これまで発見されたコロニーには、奇妙な共通点があった。ただひとつの惑星を例外として、いずれも宇宙旅行技術を発達させられていないのだ。挫折を乗り越えて、ふたたび長期探査計画に身を投じたコンタクト技術者ザッカリーは、かすかな糸をたどるうち、ついにひとつの仮説にゆきつくが……。星に憑かれた者たちが大宇宙の歴史の中に見出したものは?本格派が贈る宇宙SF。

評価

評点:★★★☆☆ ( 6/10点)
(この評価は上下巻をあわせた評価です)
訳者があとがきで(半ば自嘲的に?)『と書くとまるでハインラインみたいだが,おそらく実際に読んだ印象は相当異なるだろう.SFの定石に沿いながら,それをどんどんはずしていくというのが,キュービー=マクダウエルのおとくいの手法なのだから』と書いているのが全て.面白い設定の世界に広がる謎が展開しており,導入から半ばまでは主人公ザッカリーの成長と共に楽しく読み進めることができます.ところが物語が進むにつれ謎は解かれずハナシはだんだんトンデモになって…….三大巨匠のおおらかな時代ではなくちょっと捻った展開が必要な現代SFというのはそういうものだといわれれば仕方ないですが,せっかくの上質なSF設定を後半どんどん崩壊させて最後には神様が出てくる展開には正直ついて行けません.最後の方は読み進めるにつれてどんどんつまらなくなるという珍しい作品です.

おまけ