乱れ撃ち読書録@chipmunk1984 クライマーズ・ハイ
※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

クライマーズ・ハイ



書名: クライマーズ・ハイ
著者: 横山 秀夫




<イメージをクリックするとamazonに進みます>

紹介

1985年、御巣鷹山に未曾有の航空機事故発生。衝立岩登攀を予定していた地元紙の遊軍記者、悠木和雅が全権デスクに任命される。一方、共に登る予定だった同僚は病院に搬送されていた。組織の相剋、親子の葛藤、同僚の謎めいた言葉、報道とは――。あらゆる場面で己を試され篩に掛けられる、著者渾身の傑作長編。

評価

評点:★★★★☆ ( 8/10点)
新聞記者だった著者の渾身の作品.ちょっと会社の模様がステレオタイプですが,いつも主人公が正しいわけではないという展開もあり,深みも出ています.何よりストーリーがどんどん展開して最初から最後まで一気に読める作品です.ちょっと内容が盛り込みすぎで,無駄なエピソードがあったり,甘っちょろい部分もあったりしますが,それを差し引いても『読ませる』逸品です.

おまけ