乱れ撃ち読書録@chipmunk1984 2061年宇宙の旅
※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

2061年宇宙の旅



: 2061年宇宙の旅
著者: アーサー・C・クラーク (山高 昭 訳)




<イメージをクリックするとamazonに進みます>

紹介

2061年、ヘイウッド・フロイドは高鳴る動悸を抑えきれなかった。75年ぶりに再接近してきたハレー彗星の探査計画への参加を要請されたのだ。最新型のミューオン駆動宇宙船ユニバース号に乗り組みハレー彗星をめざす―そして、みずからの手で彗星を調査する。だが、彗星に着地し探査を始めたフロイドたちを、思いもよらぬ事件が待ち受けていた。

評価

評点:★★☆☆☆ ( 4/10点)
『2001年宇宙の旅』シリーズ第三部.話はいよいよあっちに向かって迷走します.ここまで来るとクラークによる一発ギャグであって,とてもあの大作のシリーズとは思えなくなってきています.ただ,次の3001年はなかなかの佳作.そこへの『長い旅』だと思っておつきあい下さい.


おまけ