乱れ撃ち読書録@chipmunk1984 エアフレーム-機体- 上

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

エアフレーム-機体- 上



書名: エアフレーム-機体- 上
著者: マイクル・クライトン(酒井 昭伸 訳)




<イメージをクリックするとamazonに進みます>

紹介

飛行中の大型旅客機に異常事態発生!緊急着陸した旅客機の内部は壊滅的な状態だった。死者2名、重軽傷者多数。折しも、事故機を製造したノートン社は中国と大規模な契約を結ぼうとしていた。1週間以内に事故の原因を究明しなければ、契約が流れてしまう。急遽、調査チームが結成され、品質保証部に勤務するケイシーは、必死の調査を開始するが……航空機事故の激増を警告し、全世界を震撼させた傑作サスペンス巨編!

評価

評点:★★★★★ ( 9/10点)
航空機事故の発生,そのとき,そしてそれから航空機メーカーがどのように動いていくのかがリアルにかつ丹念に描かれます.物語に引き込まれるように読み進むとそこには二重三重の罠が...さて,このあとの展開は...

おまけ

だけど,『航空機事故の激増を警告し、全世界を震撼させた』という話には思えないんですが...