乱れ撃ち読書録@chipmunk1984 エスパイ

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

エスパイ



書名: エスパイ
著者: 小松 左京




<イメージをクリックするとamazonに進みます>

紹介

”エスパイ”--それは、人の心を読み、物体を透視し、意志の力で物体を動かす超能力を持つものたちの諜報集団である。ソ連首相暗殺計画の阻止を命じられたエスパイの一員・田村良夫は早速行動に移るが、彼の前に現れた敵も超能力者の集団だった!ニューヨーク、バルセロナ、イスタンブール、ウイーン、ついには宇宙へと繰り広げられる国際的陰謀の首謀者・ミスター”S”の正体とは果たして何者なのか?

評価

評点:★★★★☆ ( 7/10点)
巨匠の怪作.サーヴィス精神たっぷりの娯楽巨編です(18禁だけど...).悪のりする小松節が冴えわたり,楽しく読めます.ただ,何よりこの作品の凄いのは,1969年の作品とは思えない,今でも新鮮味のある内容に加えて,名作『復活の日』の直後,『日本沈没』の直前に書かれたという事実でしょう.

おまけ


実は映画化もされています.(観てないけど)