乱れ撃ち読書録@chipmunk1984 宇宙の小石
※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

宇宙の小石



書名: 宇宙の小石
著者: アイザック・アシモフ(高橋 豊 訳)




<イメージをクリックするとamazonに進みます>

紹介

のどかな郊外の歩道を歩いていた仕立屋シュワルツは、急にめまいに襲われた。次の瞬間、彼は数万年の時を越え、銀河紀元827年の未来にいたのである!その時代全銀河系はトランターを中心とする銀河帝国に支配され、人類発祥の地である地球は、辺境星域に浮かぶ放射能まみれの小石にすぎなかった……遙かな未来にタイムスリップし、恐るべき陰謀に巻き込まれた男の驚異の冒険を、巨匠がミステリタッチで描いた不朽の名作

評価

評点:★★★☆☆ ( 5/10点)
1950年の作品でさすがに古いです.描かれる未来像も今となってはセンスオブワンダーを感じさせるには至りません.ただ,アシモフは,晩年,彼の著作が一つの世界にまとまるようにしていますので,ロボットシリーズとファウンデーションシリーズの統合の中でサイドストーリーの1つとして楽しむことはできます.ロボットシリーズとファウンデーションシリーズを読み終わった後でちょっとしたアシモフの小品を楽しむといった読み方が良いでしょう.

おまけ