乱れ撃ち読書録@chipmunk1984 レンズマンシリーズ5 ファースト・レンズマン
※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

レンズマンシリーズ5 ファースト・レンズマン



書名: ファースト・レンズマン
著者: E・E・スミス(小隅 黎 訳)




<イメージをクリックするとamazonに進みます>

紹介

恒星間飛行が可能になるとともに犯罪の規模も拡大の一途をたどった。これに対処するため、太陽系評議会議長ヴァージル・サムズと公安委員長ロデリック・キニスンは三惑星連合部隊を再編し、銀河パトロール隊の創設を企図する。そして謎の惑星アリシアへ赴いたサムズは人知を超えた働きをもつレンズを授かった。人類初のレンズマンの誕生である。黎明期パトロール隊を危機が襲う。

評価

評点:★★★★☆ ( 7/10点)
レンズマンシリーズ新訳第五弾.E・E・スミスの手によるレンズマンシリーズ・サイドストーリーです。正直レンズマンシリーズのサイドストーリーたちは成功したとは言えないのですが,この作品だけは,サイドストーリーと言うよりはレンズマンシリーズの一部として『レンズの子供たち』の直後に執筆されているだけあってレンズマンシリーズのおもしろさをダイレクトに引き継いでいます.ここまで来たのであれば,迷わず読んでください.

おまけ

帯によれば,『スペースオペラの会心作』だそうです..