乱れ撃ち読書録@chipmunk1984 スフィア-球体- 上
※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

スフィア-球体- 上



書名: スフィア-球体- 上
著者: マイクル・クライトン (中野 圭二 訳)




<イメージをクリックするとamazonに進みます>

紹介

航空機墜落調査班のメンバーである心理学者ノーマンは、召集を受け、南太平洋へ飛んだ。海底に沈んでから少なくとも三百年は経過している宇宙船が発見されたというのだ。ノーマンをはじめとする科学者チームは、海底居住施設を拠点にして、船内の調査をする。未知の生命体との遭遇に脅えながらも船内深く到達した彼らの前に、不思議な球体が出現した。『ジュラシック・パーク』の著者が放つ傑作エンターテイメント

評価

評点:★★★☆☆ ( 5/10点)
クライトンにしては,ちょっと……という出来でした.最初のちょっとしたどんでん返しは楽しめますが,それ以降は退屈.密室ものなのですが,それぞれのキャラクターをしっかり描き分けることができず,また,主人公をはじめとしてそのキャラクター達に感情移入しづらいというのも欠点です.取りあえず,下巻に進みますがどうなるでしょうか?

おまけ


映画化もされています.残念ながら見てはいませんけど.