乱れ撃ち読書録@chipmunk1984 産霊山秘録
※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

産霊山秘録



書名: 産霊山秘録
著者: 半村 良




<イメージをクリックするとamazonに進みます>

紹介

”ヒ”-はるか遠き御代から続くその一族は、歴史が動乱期にさしかかる時、「御鏡・依玉・伊吹」と呼ばれる三種の神器によってテレパシー、テレポーテーションなどの特殊能力を駆使し皇室の危難を救ってきたといわれる。織田信長の比叡山攻め、関ヶ原の戦い、幕末の争乱、太平洋戦争……日本史が激動する中を暗躍する”ヒ”一族の姿を圧倒的スケールで描き切る、一大SF伝奇ロマン。

評価

評点:★★★★★ ( 9/10点)
日本の歴史の中で,密かに歴史を動かしてきた”ヒ”一族の物語が,雄大な歴史背景と緻密なストーリー構成で語られます.”ヒ”とは何者?”ヒ”の秘密とは……半村良の初期長編の代表作の一つです.簡単に語りきれる作品ではないのですが,おそらく,日本に伝奇ロマンというジャンルを打ち立てた作品の一つでしょう.SFファン必読の書の一つです.

おまけ

第一回泉鏡花賞受賞作品です.