※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

TDL・TDSでは、混雑すると入場制限があります。
入場制限しそうな日は、インフォメーションセンターや現地メインストリートハウスなどの案内施設で聞けば教えてくれます。

入場制限とは

パークが混んでいると、一時的に当日券の販売を中止します。
入場制限が始まると、解除されるまで日付入り前売り券・観光券・入場引換券を持っていないと、入園できません。

入場制限は何時から何時まで?

TDLの場合大体9時ごろから始まり、17時に解除と告知しておいて15時ごろ解除というのが多いです。
まれに開園5分後から始まり、17時まで行うこともありますが、年に1,2回です。
TDSの場合はTDLが入場制限を始めてから、1時間後くらいに制限が始まりますが、解除は遅くとも14時くらいで、年に数回しか行いません。

当日チケット窓口に並ばなくてすむには

日付入り原券(前売り券)を買っておくことです。
原券とは、名刺サイズでキャラクターの絵が入っているものです。
オンラインチケット予約、一部のディズニーストア、現地で購入できます。
JR、コンビニ、旅行会社は観光券・引換券のことがほとんどで、当日窓口に並ばなければいけません。

前売り券が売り切れていたら

JRなどは残っていることが多いです。
これがあれば入場制限があっても大丈夫です。
ただし当日引き換えが必要ですので窓口で並ばなければいけません。

入場制限がありそうなのに、前売りを買えなかった!

開園前までにパークに到着すればOKです。絶対に入れます。
もし開園時間に間に合わなくても、制限がかかる前にチケット売り場の柵の内側に入っていればOK。
制限が始まるときは、キャストが1列になって手を上げて歩いていますので、その人たちを抜かしましょう。
抜かせないと、17時まで待つ羽目に…。