序章2

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

  私はいつも言われていた。

 ―あなたは特別なのよ―

  私の家は昔から続く魔術師の名家だ

 そのため、他の者と交わりは許されない

  いつも同じ風景、私の視界はいつも家の館の
 中だった

  私には姉と妹がいる。

  姉には魔力の力がない

   そのため、家を継ぐことは出来ない

  妹は、魔力はあるが体は弱くて使うことが出きない

   だから、家を継ぐことが出来ない

  だから私の意志には関係なく家を継がなければならな
 かった。

  学校でも、いつも一人ぼっちだった。

  同年代の子たちが遊んでいるところを見ていて私は彼、

 彼女が羨ましかった。

  自分もあの輪に入りたかった

  でも、私には出来なかった。

   いつか・・・・・

 ―私は、普通で居たい・・・

   友達がほしい―
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|
メニュー


更新履歴
取得中です。